S-COREの電源構成

2017年度:電源構成見込み

(2017年4月1日~2018年3月31日)

過去の電源構成はこちら

電源構成見込み

上記期間の二酸化炭素排出係数見込み

実排出係数
調整後排出係数
0.094 kg-CO2/kWh
0 kg-CO2/kWh

※上記係数は「電気事業者ごとの実排出係数及び調整後排出係数の算出及び公表について」(2 0 1 5 0 3 2 5 産 局 第 1 3 号・2 0 1 5 0 3 2 5 資 庁 第 1 号・環地温発第 1 5 0 3 3 0 6 号)に定められた内容に基づき算出しております。

※上記期間の係数見込みは、平成29年度の係数見込みとなり、平成30年度排出量報告(平成31年提出用)に使用頂ける予定のものです。

  • S-COREは供給する電気の調整後CO2排出係数がゼロとなるように電気の調達およびクレジットの購入を行います。
  • 当社がFIT電気を調達する費用の一部は、当社のお客さま以外の方も含め、電気をご利用のすべての皆様から集めた賦課金により賄われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。
  • その他に仕分けられた電気は以下の電気となります。
  • 株式会社エナリス・パワー・マーケティングを代表とするバランシンググループ内の融通により供給を受ける電気
  • 東京電力パワーグリッド株式会社よりインバランス補給により供給を受ける電気(一般送配電事業者のインバランス供給に係る電源構成が公表された後、再仕分けを行う予定です)